planetscope blog

  • 2017-10-12

松原先生の新刊『鉱物肉眼鑑定事典』


  いつの間にか、こんな本が明日から発売とのこと。 Amazonのタイトル『鉱物の鑑定学』と、本の表紙『鉱物肉眼鑑定事典』の違いが気になる所だが。。。
もう少ししたら、書店でとりあえず様子を見てみようかな。
いずれにしても楽しみ。
松原聡『鉱物肉眼鑑定事典』『鉱物の鑑定学』
スポンサーサイト
  • 2017-06-05

【終了】飯田橋ミネラルマーケット2017 出店の感想


  2017年飯田橋ミネラルマーケットに出店しました。
中学生の頃から通い続けていたミネラルマーケット、当時は100円単位の安い石を買い集めて鉱物の勉強をしたものです。

ついに自分も石を持ちすぎて売って減らさないと…と思い悩むようになり、15年近い鉱物趣味人生の長さを噛み締めているところです。


飯田橋ミネラルマーケット2017 会場となる飯田橋レインボービル入口
↑毎年の飯田橋ミネラルマーケットの会場である飯田橋レインボービルの入口の様子。


飯田橋ミネラルマーケット2017 出展者準備の様子 部屋2
↑出展者準備の様子。みなさんベテランで手慣れた手つきでささっと準備を進めていきます。


飯田橋ミネラルマーケット2017 出展者準備の様子 部屋1
↑出展者準備の様子その2。別の会場の方の様子。やはりみなさん、出店の装備が整っている…


飯田橋ミネラルマーケット2017 開場前に並ぶ人たち
↑飯田橋ミネラルマーケットの開場前に並ぶ人たちの様子。飯田橋レインボービルの玄関は暑いです。


飯田橋ミネラルマーケット2017 自分の出店の様子
↑自分の出店の様子。マニアックな石ばかり。


飯田橋ミネラルマーケット2017 自分の出店の様子
↑近所にいたおともだち(鉱物マニアではない)がわざわざ来てくれました!ありがとう!
"出展者"としての記念撮影に。
始まってしまうと自分の商売に忙しくて、写真撮ったりという余裕がありませんでしたね。
行きはあんなに重たかった荷物も、帰りには激減していました。
皆様、お買上げありがとうございました!


飯田橋ミネラルマーケット2017 終了の後の片付け
↑終了の様子。ミネラルマーケット撤収作業もベテランの人たちはとても素早い…


今回はじめて自分でブースを出して石を売ったわけですが、感想は以下の通り。
・準備は大変。普段からよく整理しておかないと、直前にバタバタしては間に合わない。
もう家も石いっぱいだしいらねーか、って1個300円で安売りにしていた石でも、いざ売れてみると、やっぱり自分の娘を嫁に出す気分。みんな大切にされてほしい。
・売れる石、売れない石の差が自分の予想とだいぶ違う。他でも出ている「普通の鉱物標本」ならおおよそ予想はつくのですが、そうでない石はいまいち…
・自然硫黄とモルデン沸石は、自分で持っていても保管に困る細かいものを捨て値で出してみたのですが、どちらも予想以上に人気でした。もう少し持っていけばよかった!
・ちゃんとブース出店料以上に売り上げて、労働量の元は取れるくらい儲かったのですが、なんやかんや、まだ自分の石があんまり減ってない気がするので、来年もやっぱり出店したいな。D3で忙しいけど、考えておきます!


何はともあれ、自分が少年時代にお世話になったミネラルマーケットにて、1個300円コーナーで沢山の石を売ることができて、中学生の制服を着た少年なんかも来店してくれたし、少しは"恩返し"になったと思いたいです。
皆様、ありがとうございました。

Top|Next »

HOME

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード