FC2ブログ

planetscope blog

  • 2011-12-05

高レベル放射性廃棄物をどうするのか


  福島第一原発事故により、日本は脱原発が決定的になるかとおもいきや、自称保守のトンチンカンなエネルギー安全保障のロジックにより原発推進がにわかに再燃しています。由々しき事態です。
原発のこれ以上の推進を剃る前に、高レベル放射性廃棄物をどうするかを考える必要があります。これは脱原発を志す人達にも共通に課された問題です。既に20世紀より人類がこれまで原子力の火を使ってきた以上、高レベル放射性廃棄物という地球表層環境の循環中では絶対に処理されない物質をどうにかしなければなりません。


日本では、地層処分がもっとも有力視されていますが、これは危険であると言わざるを得ません。ガラス固化された放射性物質は移動がほとんどないという研究が出せれていますが、それでもプレート収束帯で地盤がズタズタである日本の地下にそのような危険物質を埋めるのは賢明なことではありません。
高レベル放射性廃棄物を処分するのに最も良いのは、国際的に協力して南極の岩盤に処分場を作ることです。南極は現状では南極条約により処分場を作ることはできません。これをどうにか改訂する必要があります。南極は安定地塊ですので、日本のように地震や火山の心配は遥かに少ないです。また、南極に処理場を作る利点は、南極に眠る金属鉱床を南極条約改訂に伴って開発できるようにし、そこで得た資金を高レベル放射性廃棄物処分場建設資金にすれば、世界にとって悪い話ではありません。


もし、南極が駄目だとなると、砂漠地帯の国にお金を払って管理を委託することが選択肢としてあげられます。実際、日米が共同でモンゴルの砂漠地帯に処分場建設を計画したという話がありました。はじめこの話を聞いたときは、「なんてひどい事を考えるのだ、自分の国で出たゴミを他国へ押し付けるだなんて!」と思いましたが、しかし、これはアフリカなどで砂漠という不毛地帯を抱える貧しい国が、不毛の荒野をビジネスに変えることができるチャンスなのかもしれないと、改めて考えました。心の荒むような話ですが、21世紀はこうして砂漠という不毛地帯を抱える国家が放射性物質に限らず有害物質の処分場を引き受けることで「荒野ビジネス」を展開する時代になるのかもしれません。
しかし、この荒野ビジネスは安全保障の上では余りほめられたものではありません。やはり、南極の地層処分という選択肢がベストであるように思えます。


繰り返しになりますが、20世紀の文明として原子力を利用してしまった以上、高レベル放射性廃棄物はどこかに処分しなければなりません。どこかでそのリスクを引き受けなければなりません。南極の生物が危ない!、などということを環境保護派の活動家たちは言うかもしれませんが、21世紀には人間の生命・財産と他の生物の生命のリスクを天秤にかけなければ人類社会が存続できなくなるような事例が多々起きるでしょう。その始めの話として、この高レベル放射性廃棄物の問題は、原発から脱却するか推進するか以前に、これから国際的に議論されるべき問題です。

スポンサーサイト



  • 2009-12-16

風力発電反対!


  ●オオワシ衝突死、風力発電の羽根に…北海道
12月16日9時17分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091215-00000660-yom-sociより

『ロシア極東で生まれ、知床など北海道で越冬する国の天然記念物の大型猛きん類のオオワシが、北海道せたな町の風力発電施設に衝突し、死んでいるのがみつかった。

 風力発電施設に鳥が衝突する事故で、オオワシが死んでいるのが確認されたのは初めてという。

 環境省などによると、11月24日正午頃、せたな町の海岸沿いにある電源開発が出資する「グリーンパワー瀬棚」運営の風力発電施設の敷地内で、体が切断されたオオワシを同職員が発見した。環境省釧路湿原野生生物保護センターで調べたところ、今年生まれた幼鳥で、死骸(しがい)の状態から風力発電施設の羽根に衝突したとみている。

 鳥が風力発電施設の羽根に衝突する事故は「バードストライク」と呼ばれ、昨年には、岩手県の風力発電施設付近で、希少種のイヌワシの衝突死が確認されている。

 猛きん類の救護保護活動を進めている猛禽(もうきん)類医学研究所(北海道釧路市)の齊藤慶輔代表は「国は科学的なデータを集め、風力発電施設を環境影響評価の対象にして、立地場所の評価をすべきだ」と話している。

 ◇オオワシ=カムチャツカ半島、サハリン北部などで繁殖し、北海道などで越冬する。個体数は推定5000羽で、うち1400~1700羽が北海道東部を中心に越冬する。1993年に国内希少野生動植物に指定された。 』




何度でも書きますが、風力発電は「百害あって一利無し」です。

無意味な開発を即刻停止させてください。



●『巨大風車が日本を傷つけている』
http://no-windfarm.net/
風力発電の悲惨な現状が紹介されています。。。

風力発電をエコだと信じて疑わない方は、一度ご覧下さい。



そもそも、風力にしても太陽光にしても、エネルギーの「密度」が低すぎるのです。

これは当たり前のことな訳で、エネルギーの密度の高すぎる太陽光や風が吹き荒れていたら

地球上はとても過酷で生物にとって快適な環境ではなくなってしまいます。

この低密度なエネルギーを利用価値のあるくらいの密度にするまで「かき集める」には

当然のことながら巨大な装置が必要となります。

その装置はどうやって生産、維持管理するのだ・・・・・・!?、と考えれば、

資源が節約されるどころか、余計に消費する結果となってしまいます。

さらに、よく言われることですが、太陽光も風力も供給が不安定なので

電気エネルギーのように安定して供給されることが重要になるエネルギーに変換するには

それを補うために様々な装置や設備が必要となります。

もちろん、そのようなものを生産するのにも様々な資源が用いられることでしょう。

それに付け加えて、このように生物が事故死してしまうとなれば・・・・・・


一体誰のための「エコ技術」なのでしょうか?

「エコ技術」生産者のための「エコ技術」と言われても仕方がないのでは・・・

Top|Next »

HOME

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog

東京工業大学地球惑星科学専攻→東京大学広域科学専攻→東大地殻化学実験施設特任研究員
地球惑星科学のなかでも、固体地球の進化などといったテーマの地球化学・地質学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの研究員です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード