planetscope blog

  • 2009-02-11

経済学...


 

なんか、最近、ノリで経済学の勉強を始めました。

 

いえ、そんないい加減な気持ちで、とかじゃなくて、

 

もちろん、センター試験の政経であるから、と言うのもありますが、

 

槌田敦氏による、エントロピー経済学、これをもう少し深く掘り下げてみたいな、

 

と思いまして、で、まあ、簡単に言えば、自然科学と社会科学の接線を求めようというものですが、

 

ともかく、現代経済学は、政界や産業界の「御用理論」と化しているところも見受けられるし、

 

たとえそうでなくても、現在の不況を見れば、このままの資本主義体制がいいとも思えない。

 

いや、私はどっかの丸楠さんみたいなことは考えていませんが・・・

 

で、最終的には、少し前にも記事にしましたが、人口が減少していく(“適正人口”になったらそれを維持していく)ような状況において、

 

経済がそれなりににぎやかで、勝ったり負けたりもあって

 

かといって、人様や自然界に御迷惑をお掛けしない様な、そんな経済体制を模索しようかと、

 

まぁ、「本業」の傍らでそんなこともしてみたいな、と、

 

そういうノリで、まずはとりあえず、現在ある既成の経済学を一通り見てみようと、勉強を始めたわけです。

 

 

 

だが、まあ、これが難しかったりするんだなぁ...

 

高校生にして、すでに理学畑に身を構えている私ですが、

 

経済学も同じようなカンジでできるのでは、と甘い期待をしていたのですが、

 

ところがどっこい、そぁは問屋が卸さねぇ、ってやぁんだぁ。

 

物理では、色々な単位や関数や数式が出てきますが、それらを「ディメンション」で

 

捉えていれば、たとえ複雑な微分・積分が出てきても、自分が何をやって、何を求めているのか、

 

見失うことはありません。

 

しかし、経済学ですと、出てくる「基本単位」は、「個数」と「¥」($でも?でもいいが・・・)だけで、

 

これらの組み合わせで様々な経済現象を説明すべく、モデルを構築していくわけですが、

 

自分が今何の計算をしているのか、よく分らなくなることがあります。。。

 

もちろん、私の慣れの少なさや、もっとストレートに低能さなどもあるでしょう。

 

しかし、そう認めたくない意地っ張りな私は(笑)、「このモデルは本当にあっているのか?」

 

「それを実証するものはあるのか?」などと考えてしまいます。。。

 

 

とはいえ、最近気付いたことではありますが、

 

「経済学」は「物理学」よりもむしろ「地球科学」に似ていると言えましょう。

 

物理はまず、理論を立てたら、大概は実験によって再現性を検証して、確かめることが出来ます。

 

化学・生物も同様かと思われます。

 

しかし、地球科学というのはそういうわけにはいきません。

 

「恐竜はなぜ絶滅したか」「○年前の噴火はどのような原因だったか」を再現して確かめるなど、出来ないのは当然ですね。

 

地学屋は、残された資料、主に岩石・鉱物・化石などですが、を探ることによって、

 

「もっとも適当」と思われる原因を探り、そこから推論することで、地球の将来を探ります。

 

「何か」が起こってから出ないと、その「何か」に関する知識は得られないのです。

 

例えば、地震を予知・対策するのにも、過去の地震のデータがあってはじめて作業に入ることが出来ます。

 

経済学というもの、本来ならそうあるべきでしょう。

 

「バブルはなぜはじけたか」「今回の経済危機の原因は?」

 

こういったことは、数式をいじくり回しただけで得られるものではありません。

 

過去の経済現象から、帰納的に法則を探して、予測するものかと思います。

 

もちろん、地球科学でも将来の予測が完璧でないのと同様に(地震や噴火、将来の気候が完璧に予測できないですよね)、

 

経済現象の将来も完璧に予測は出来ません。

 

それどころか、地球科学には地球46億年分の「資料」がありますが、

 

経済学には高々100年ちょっとの分の資料しかありません。

 

あまりにも少なすぎます。と言うか無理です。。。

 

だから、モデルを考案して、いろんな計算をする方法に走ったというのも、理解できないわけではありません。

 

 

 

もう、まとめらんなくなりそうだから、まあ、何が言いたかったかというと、

 

なんか、理学畑(工学畑や文系畑ではなく!)から、新しい経済学を提唱できないかなあ、

 

とテルテルは思っている、ということです。

 

では、この辺で。薄っぺらな中身でホントごめんね。いつものことだけどw

スポンサーサイト

Top

HOME

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード