planetscope blog

  • 2009-12-16

風力発電反対!


  ●オオワシ衝突死、風力発電の羽根に…北海道
12月16日9時17分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091215-00000660-yom-sociより

『ロシア極東で生まれ、知床など北海道で越冬する国の天然記念物の大型猛きん類のオオワシが、北海道せたな町の風力発電施設に衝突し、死んでいるのがみつかった。

 風力発電施設に鳥が衝突する事故で、オオワシが死んでいるのが確認されたのは初めてという。

 環境省などによると、11月24日正午頃、せたな町の海岸沿いにある電源開発が出資する「グリーンパワー瀬棚」運営の風力発電施設の敷地内で、体が切断されたオオワシを同職員が発見した。環境省釧路湿原野生生物保護センターで調べたところ、今年生まれた幼鳥で、死骸(しがい)の状態から風力発電施設の羽根に衝突したとみている。

 鳥が風力発電施設の羽根に衝突する事故は「バードストライク」と呼ばれ、昨年には、岩手県の風力発電施設付近で、希少種のイヌワシの衝突死が確認されている。

 猛きん類の救護保護活動を進めている猛禽(もうきん)類医学研究所(北海道釧路市)の齊藤慶輔代表は「国は科学的なデータを集め、風力発電施設を環境影響評価の対象にして、立地場所の評価をすべきだ」と話している。

 ◇オオワシ=カムチャツカ半島、サハリン北部などで繁殖し、北海道などで越冬する。個体数は推定5000羽で、うち1400~1700羽が北海道東部を中心に越冬する。1993年に国内希少野生動植物に指定された。 』




何度でも書きますが、風力発電は「百害あって一利無し」です。

無意味な開発を即刻停止させてください。



●『巨大風車が日本を傷つけている』
http://no-windfarm.net/
風力発電の悲惨な現状が紹介されています。。。

風力発電をエコだと信じて疑わない方は、一度ご覧下さい。



そもそも、風力にしても太陽光にしても、エネルギーの「密度」が低すぎるのです。

これは当たり前のことな訳で、エネルギーの密度の高すぎる太陽光や風が吹き荒れていたら

地球上はとても過酷で生物にとって快適な環境ではなくなってしまいます。

この低密度なエネルギーを利用価値のあるくらいの密度にするまで「かき集める」には

当然のことながら巨大な装置が必要となります。

その装置はどうやって生産、維持管理するのだ・・・・・・!?、と考えれば、

資源が節約されるどころか、余計に消費する結果となってしまいます。

さらに、よく言われることですが、太陽光も風力も供給が不安定なので

電気エネルギーのように安定して供給されることが重要になるエネルギーに変換するには

それを補うために様々な装置や設備が必要となります。

もちろん、そのようなものを生産するのにも様々な資源が用いられることでしょう。

それに付け加えて、このように生物が事故死してしまうとなれば・・・・・・


一体誰のための「エコ技術」なのでしょうか?

「エコ技術」生産者のための「エコ技術」と言われても仕方がないのでは・・・
スポンサーサイト
  • 2009-12-11

悪いことはできないもんだな♪


  ええ、日常的に悪いことばかりしている私にはこの言葉は身に沁みて……

って話ではなくてですねぇ(笑)、地球温暖化の話です!

ハドレーセンターにハッカーが侵入して、ハッカーではなく内部告発者がいたという話もありますが、

ともかく、そこのデータやe-mailがインターネット上に一時公開されてしまったとの事だそうです。

名づけて「クライメイトゲート事件」と呼ばれているそうですwww



●温暖化データねつ造疑惑 衝撃強く、欧米で大騒ぎ
http://www.j-cast.com/2009/12/09055808.html


地球が温暖化しているということや、それが二酸化炭素によるものだとかいうことを

都合よく表すようにデータの捏造が行われていたとの事です。


実は、データ捏造に関してはけっこう前から噂されていたことや、

そうでなくとも見るからに怪しげな物も多々あったことから

私としましては(現在は受験勉強もあるしw)、「何をいまさら(^~`;)」と

軽く流していましたが、そろそろ記事書かないとFC2により広告ついちゃう(笑)ということで、

ここいらでリンク紹介をしておきます↓↓↓ので、

ぜひともご覧下さい!


●MikeRossTkyさんのブログ 
http://mikerosstky.spaces.live.com/blog/cns!65DFD4754018BC2A!4627.entry

Joanne NovaさんによるThe Skeptics Handbookの邦訳「スケプティック ハンドブック」が紹介されています。


●英語サイトですがこちらもどうぞ↓
『JoNova』 http://joannenova.com.au/



ということで、二酸化炭素削減なんてくだらないことで政治ゲームを楽しんでいる暇があるなら、

もっとやるべき環境対策があるだろっ!って話しな訳です。

温暖化論者やそれをネタに稼いでいる方々は自分の生活が賭かっていますから、

ありとあらゆる方法でこの不祥事を消し去ろうとするでしょうね。。。



一刻も早く、このくだらない、かつ自然科学史上恥ずべき狂乱を終わらせて

科学研究と社会の環境対策が正しい方向へ向くことを願うばかりです。

Top

HOME

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード