planetscope blog

  • 2010-02-01

○×クイズ@化学(笑)


  ☆以下の(1)~(28)の各文章の正誤を判定せよ。


(1)塩化銀と塩化鉛の混合物に熱湯を加えると塩化鉛だけ溶けるのは、塩化鉛の溶解度積が塩化銀より小さいからである。

(2)チロシンに塩化鉄(Ⅲ)を加えると赤~青紫色に呈色し、またキサントプロテイン反応陽性である。

(3)水の電離は吸熱反応だから、純水の温度を高くすると水素イオン濃度は上がる。

(4)グリセリンは粘度の高い液体状のアルコールで水に溶けにくい。

(5)塩素は淡黄色の気体で、酸化マンガン(Ⅳ)に塩酸を加えると生じる。

(6)エタノールと酢酸から酢酸エチルが生成する反応において、濃硫酸は触媒としても脱水剤としても働く。

(7)硫酸水素ナトリウムと炭酸水素ナトリウムは共に酸性塩で水に溶かすと酸性を示す。

(8)アセトンはヨードホルム反応陽性であり、その生成物の1つに酢酸ナトリウムがある。

(9)銀は希硝酸と反応して、赤褐色の二酸化窒素が生じる。

(10)ベンゼンを五酸化二ヴァナジウムを触媒にして空気酸化すると、無水マレイン酸を生じる。

(11)空気中の窒素分子の平均の速さは酸素分子より大きい。

(12)水銀で満たされたプールに人が入っても沈まない。

(13)砂鉄の主成分は三酸化二鉄である。

(14)反応H2+I2→2HIにおいて、活性化エネルギーはH2とI2の結合エネルギーの和より大きい

(15)pHは負の値や14以上の値をとることがある。

(16)硫酸バリウムや硫酸マグネシウムはほとんど水に溶けないが、水酸化バリウムや水酸化マグネシウムは水によく溶ける。

(17)ナフタレンを五酸化二ヴァナジウムを触媒にして空気酸化すると、無水フマル酸を生ずる。

(18)黄銅は真鍮ともいい、銅と亜鉛の合金であり、黄銅鉱として天然にも産する。

(19)一般に原子は原子核と電子からなり、それら質量の比はおよそ1840:1である。

(20)銀は常温では硫酸と反応しないが、熱濃硫酸とは反応する。

(21)通常の天然のタンパク質から得られるαアミノ酸はすべてL体である。

(22)フェーリング液にフルクトースを加えると、金属銅による赤色沈殿が生じる。

(23)天然には水銀は硫化物で産することが多いが、イオン化傾向が小さいため単体で産することもある。

(24)再結晶とは、少量の不純物を含む固体を加熱融解させ、不純物を揮発させた後に冷却、固化させ純度を高める操作のことをいう。

(25)酸素、一酸化炭素、二酸化炭素の混合気体が平衡状態にあるとき、圧力一定のもとで温度を高くすると二酸化炭素が増加する。

(26)黒鉛の結晶は、層に平行方向の電気伝導度は垂直方向の電気伝導度より大きい。

(27)原子量が一般には整数にならないのは陽子と中性子の質量が微妙に違うことが主な理由である。

(28)大気中の水蒸気から雪の結晶が成長するのは発熱反応である。


問題は以上です。
スポンサーサイト

Top

HOME

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード