planetscope blog

  • 2010-04-29

エイリアン


  ホーキング博士「エイリアンと接触すべきではない」



 【ワシントン=山田哲朗】車いすの天才物理学者として有名なスティーブン・ホーキング博士が25日、宇宙についての米テレビ番組で「人類はエイリアンとコンタクトすべきでない」と発言し、話題を呼んでいる。

 ホーキング博士は、発達した科学文明を持つ異星人がいる可能性は高いとしたうえで、異星人の地球訪問は「コロンブスがアメリカ大陸に到着したのは、アメリカ先住民にはよくなかった。同様の結果になる」と指摘。人類は異星人と接触を試みるべきではないとの見解を披露した。自らの資源を使い果たした異星人は、「遊牧民となって、征服して移住できる惑星を探すだろう」とも述べた。宇宙論の権威による悲観論に、専門家の間では「一方的な推測だ。友好的な異星人に出会える確率も同じぐらいでは」などと、戸惑いの声も上がっている。

(2010年4月27日18時23分 読売新聞)



別に友好的か敵対的かは関係なしに、

というか、知性があるかないかにすら関係なしに

病原菌という問題で、人類と異星人との双方の間で

大きな害があるだろうから、接触すべきではないと思う。

スピルバーグの『宇宙戦争』という映画は

ストーリーはいまいちだという評判が多いですが、

現実的に異星人と接触することになったら

ああいう衛生的なことには細心の注意が必要です。

いや、最新などというレベルではなく、バイオテロ対策なみの注意が必要といってもいいでしょう。

コロンブスのアメリカ大陸上陸のときも、

アメリカ先住民とスペイン人の双方に

罹ったことのない病気が襲ったといいます。

自らにとっては、その地に暮らす長い世代の中で

免疫を獲得しているため、罹ることのほとんどないような病気ですが、

新参者にとってはその病気は命を奪うことにすらなります。


このような例は大航海時代にはたびたびあったようです。


大陸が違うだけでこのようなことが起きているのですから、

惑星が違えば被害は甚大なものになるでしょう。







まあ、そんなSF染みた心配はいらないでしょうが。。。

もし、地球外の不審者、不審物を見つけたら、手を触れたり近寄ったりすることなく

最寄りの保健所に連絡しましょうw





・・・『宇宙戦争』といえば、前にこんな記事↓書いて遊んだなw

http://iwatteru.blog47.fc2.com/blog-entry-16.html
スポンサーサイト
  • 2010-04-26

やるべきこと集みたいな・・・


 
さて、もうすぐゴールデンウィークですが、いろいろやることがありまして…



・バイトの面接


・アマチュア無線3級試験対策


・目指せTOEIC600点!


・鉱物採集に2回は行きたいなぁ……


・つくばの産総研で地球化学図の講習会


・できれば、本部の記事も書きたい...




まあ、こんなところかな。


とりあえずがんばります(^皿^)ノシ

Top|Next »

HOME

てるてる

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード