planetscope blog

  • 2010-06-24

鉱物コレクション


  PAP_0035.jpg

PAP_0049.jpg


久しぶりに自分の鉱物標本コレクションの整理してみました。

相変わらず、「産状別」にこだわって整理してるんですが、

いまいち分類方法に納得がいってなかったり、

標本によってはどこに分類していいのか分からなかったりします。。。

とりあえず、こんな感じで分けてます↓


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・フェルシック火山岩

・マフィック火山岩

・花崗岩と花崗岩化作用(接触帯・・・ホルンフェルス、片麻岩)

・花崗岩ペグマタイト(とくにK,Al等に富み、マフィックな鉱物をことごとく欠くような)

・その他岩石のペグマタイト(斑レイ岩、閃長岩など)

・高温熱水鉱床脈石(気成鉱床)

・高温熱水鉱床金属鉱物

・中温熱水鉱床金属鉱物

・中温熱水鉱物脈石

・熱水系石英脈

・低温熱水鉱床

・鉱染型鉱床

・粘土化帯

・噴気・温泉環境

・塩基性岩~超塩基性岩(主に蛇紋岩、かんらん岩)とその脈石、二次鉱物、
 さらにそれに伴なわれる正マグマ鉱床

・低温高圧型変成岩(結晶片岩など)、キースラーガー

・海底熱水鉱床、黒鉱鉱床

・変成マンガン鉱床

・スカルン鉱床金属鉱物

・スカルン鉱床非金属鉱物

・スカルン鉱床シリカ脈鉱物

・堆積岩、蒸発岩、風化生成物

・金属鉱床二次鉱物

・沸石質変成帯


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんというか、地球科学的に公正な分類に見えて、

実は鉱物コレクターに都合のいいようになってる感じがしますが、

そこは気にしないようにw




今後もより良い分類方法を、自分の4畳半の部屋に入る限り(笑)考えていきたいと思いますm(_ _)m

スポンサーサイト

Top

HOME

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード