planetscope blog

  • 2010-06-25

マユツバ考記3


 
最近テレビで人気のジャーナリスト、池上彰氏。

彼がジャーナリストとしてそれなりに勉強していることも、

分かりやすい解説をしようと努力していることは認めるよ。

この記事は、彼を批判しようというものではない。

しかし、民放のテレビ番組が挙って、『池上彰のわかりやすい……』というような

番組を造って、池上氏に「分かりやすい解説」してもらい、

出演者の芸能人が「そうだったのかあ」などと、ウソ臭さにじむリアクションをする

ようなものを垂れ流しているのを見ると、疑念を抱いてしまう。

繰り返すが、これは池上彰氏個人が悪いのかどうか、とかいう問題ではない。

ただ、知性にコンプレックスを抱える多くの日本国民が

それを容易く隠せるツールとして「池上氏のキャラ」にハマった、

そういう図式なのではないかと思う。

「池上彰ブーム」が一段落すれば、また違う「キャラ」をテレビ制作者が

持ってきては垂れ流す、ということなのだろう。




「わかりやすさ」というのは「簡単に正しさへたどりつく方法の提示」に他ならない。

極端な言い方かもしれないが、これは「思考停止の快感」である。

またの機会に語ることになるであろうが、

人間社会は今後「成長から定常へ」移り変わらなければならず、

多かれ少なかれ混迷を続けるであろう。

そんなときに、このような「麻酔」が蔓延しているのはあまり好ましくない。



マスコミは大勢を画一化していくことで、商売を成り立たせようとしているのかもしれないが、

そのような経済成長時代の大量生産方式に乗ってくれるのは、

主に上のほうの世代の人々であって、

若い世代に対しては「テレビ離れ」を加速させるだけではないか。



社会の変化が必要なこの時代に、我々の精神や思考の変化も必要とされてくるだろう。

何か良い方法、少しでもマシな方法、はないものだろうか。

私には「わからない」が、しばらくはそのまま胸の中で温めておきたい。

「わかりやすくする」必要などどこにもないのだから。

じっくり学べば、それでよい。
スポンサーサイト
  • 2010-06-24

鉱物コレクション


  PAP_0035.jpg

PAP_0049.jpg


久しぶりに自分の鉱物標本コレクションの整理してみました。

相変わらず、「産状別」にこだわって整理してるんですが、

いまいち分類方法に納得がいってなかったり、

標本によってはどこに分類していいのか分からなかったりします。。。

とりあえず、こんな感じで分けてます↓


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・フェルシック火山岩

・マフィック火山岩

・花崗岩と花崗岩化作用(接触帯・・・ホルンフェルス、片麻岩)

・花崗岩ペグマタイト(とくにK,Al等に富み、マフィックな鉱物をことごとく欠くような)

・その他岩石のペグマタイト(斑レイ岩、閃長岩など)

・高温熱水鉱床脈石(気成鉱床)

・高温熱水鉱床金属鉱物

・中温熱水鉱床金属鉱物

・中温熱水鉱物脈石

・熱水系石英脈

・低温熱水鉱床

・鉱染型鉱床

・粘土化帯

・噴気・温泉環境

・塩基性岩~超塩基性岩(主に蛇紋岩、かんらん岩)とその脈石、二次鉱物、
 さらにそれに伴なわれる正マグマ鉱床

・低温高圧型変成岩(結晶片岩など)、キースラーガー

・海底熱水鉱床、黒鉱鉱床

・変成マンガン鉱床

・スカルン鉱床金属鉱物

・スカルン鉱床非金属鉱物

・スカルン鉱床シリカ脈鉱物

・堆積岩、蒸発岩、風化生成物

・金属鉱床二次鉱物

・沸石質変成帯


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんというか、地球科学的に公正な分類に見えて、

実は鉱物コレクターに都合のいいようになってる感じがしますが、

そこは気にしないようにw




今後もより良い分類方法を、自分の4畳半の部屋に入る限り(笑)考えていきたいと思いますm(_ _)m

Top

HOME

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード