planetscope blog

  • 2012-05-27

JpGU2012


  JpGU2012(日本地球惑星科学連合2012年大会)が5月20日(日)~25日(金)にありました。
昨年は講義やバイトなどで2日間しか行けませんでしたが、今年は張り切って全日参加して見学させて頂きました。
これで大体の雰囲気だけはわかったので、研究とか本格的にはじめる来年からは効率的に行動できる、かな?
Twitterなどでフォローしてる先輩方や先生方の発表なども見れて良かった。


以下、箇条書きに感想などを。


・BIFの勉強もっとしないと、地球史の大事な話題についていけない気がした。
サンプルもほとんど見たこと無いし、フィールドももちろん行ったこと無いからその分の遅れっていうのはやっぱり座学だけで取り戻すって難しいんだなぁ...なんてイイワケ考えたけどやっぱりもっと勉強しろ。
でもせっかくだから、フィールドにはそう簡単に行けないとしても、もっとサンプルと触れ合いたい。


・地球史でも岩石や地層の話でも、同位体分析とか微量成分分析は、去年は殆どわからずに行ってたけど、今年はそれよりはある程度知識増えてたのでやや話聞けた。それでも、いくつか用語知らなかった点が明らかになって良かったけど、これももっと勉強しなきゃな。


・あとは物理的な話がついていけないのがなぁ。岩石の物理的側面、地震学とかも、連続体力学、レオロジーっぽいことも、もっと勉強しないと。


・単純に興味として面白かった話としては、
1)花崗岩体の捕獲岩から下部地殻の成分を探る話。
領家帯などの中にポコポコと入っているまフィックな火山岩の起源とかについて。
2)変成帯の中で蛇紋岩の高圧分解でスピニフェックス状カンラン石が出来るという話。
その他にも、蛇紋石化の反応については地震波異方性や電気伝導度にも絡めていろいろな発表があって、やっぱり話題なんだなぁって感じでしたね。
といったあたりですかね。どちらも日本国内のローカルな地質についての話が多いので、これらを海外に適用していったら…などとも思いました。
構造侵食と1回のオロジェニーなどのモデルをもう少し地質学的な証拠で詰めるようなことができたらな、っということも思っていたりします。


・英語セッションもいくつか聞いてみたけど、英語力よりも単純にその分野についての知識で律速されている面のほうが大きい気がした。もちろん、英語力も必要だろうけど、どちらかと言うと、知識律速。


・ポスターにしても何にしても、質問を瞬時に生成する能力って難しい。こちらも知識に律速される気がするが、ツッコミの視点の型をもう少し知ってれば色々聞き出せそうな気はする。


というわけで、以上、雑多なメモまでに。
学ばないといけないことが沢山あると良くわかったので、有意義だったということにします笑
スポンサーサイト
  • 2012-05-10

はじめての鉱物採集


  私が中学1年の夏休みに、はじめて自分で鉱物採集した標本です。
埼玉県皆野町金崎_磁鉄鉱Magnetite(はじめての鉱物採集)
埼玉県皆野町金崎親鼻橋北側の荒川河岸の露頭より
緑泥片岩中の磁鉄鉱Magnetite8面体結晶
2004年8月5日採集


中学1年に鉱物コレクション初めて以来、既に丸8年が経ち、あの頃の右も左もわからぬまま、ただ『楽しい鉱物図鑑』堀秀道、に魅せられて入った世界から、地球科学全体に興味が広がって、今こうして理学部地球惑星科学科まで来てしまったのだと考えるとと、感慨深いとか、思い出深いとかいう表現が適当なのかもしれない。しかし、そういった年月さえも超えて、ただ鉱物標本のラベルとして、客観的データとして、「採集日 2004年8月5日」とできるところが、私には性に合っているのかな、とも思ったりする。


また、「右も左もわからぬまま」ただ単に「石の魅力を追い求めて」いた頃から、いまの地球惑星科学科に至るまで、おそらく私は図らずも自然科学研究の発達史-宗教や美学からの独立・記載・分類・体系化-を自分の中で再現してしまったのではないかと思っている。
小学生の頃など、はじめのうちは、パワーストーン店などから始まったものだ。それは前近代的な宗教と科学の分離が行われていない古代の博物学のようなものだろう。そこから、徐々にサイエンスの側に独立し、まずはどのような鉱物があるのか、集めることからはじめる記載の時代がある。数が集まるとそれを分類、整理したいというコレクター的な欲求が働くが、それがちょうど分類研究のようなものになる。さらに視点を広げて地質学や化学など、隣接分野との融合が始まって学問として体系化されていく...
自分の中学生の頃の、始めたばかりの趣味の方向性の決定に戸惑い、血と涙を流して右往左往した経験は、決してムダではなかったのかと、今にしては思う。

Top|Next »

HOME

てるてる

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード