planetscope blog

  • 2016-05-27

#JpGU の新聞・テレビでの登場をまとめてみた


 
日本地球惑星科学連合JpGUの2016年大会、Twitterの公式ハッシュタグ #JpGU2016がトレンド入りするなど、段々と世間への存在感も増してきているみたいです。そこで、新聞切り抜きくらいのつもりで、JpGUの新聞・テレビでの登場をざっくりと拾い集めてまとめてみたのがこの記事です。

◯熊本地震関連
やはり、熊本地震に関連したニュースが最も多かったです。Googleのニュース検索では唯一報道ステーションが動画でJpGUの様子を上げていました。
・『【報ステ】熊本市内にも新たな活断層か』 (テレ朝NEWS)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000075602.html


日本地球惑星科学連合JpGU2016 熊本地震 報道ステーション1

日本地球惑星科学連合JpGU2016 熊本地震 報道ステーション2

日本地球惑星科学連合JpGU2016 熊本地震 報道ステーション3

日本地球惑星科学連合JpGU2016 熊本地震 報道ステーション4

この他、画像付きでニュースを上げていた朝日新聞と読売新聞が以下の通り。
・『地盤の「ひずみ」、山陰や四国など集中か 地震の引き金』(朝日新聞)
日本地球惑星科学連合2016 熊本地震 朝日新聞

・『ひずみ蓄積しやすい、西日本に8か所…京大解析』(読売新聞)
日本地球惑星科学連合2016 熊本地震 読売新聞


◯『富士川河口断層帯、学会で激論 「入山瀬」焦点』(静岡新聞)
この記事では、論争を紹介していた点が面白い。
http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/bosai/243587.html

日本地球惑星科学連合2016年大会 静岡新聞 富士川断層

◯『全国地震動予測地図を調査 「低リスク→安心」と誤解、防災意識にマイナスも』 (毎日新聞)
ゲラーさんが積極的に問題提起している例のマップについて。
http://mainichi.jp/articles/20160524/dde/041/040/056000c

日本地球惑星科学連合2016年大会 毎日新聞 地震 予測地図

◯『千葉で下北ジオパーク構想ポスター発表』 (北海道新聞)
全国区の激甚災害以外は、やはり地元ネタが多い印象。
日本地球惑星科学連合JpGU2016 下北ジオパーク

◯『富士山地下水、駿河湾で湧出初確認 生態系に好影響か』(静岡新聞)
http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/mtfuji/243940.html

日本地球惑星科学連合2016年大会  静岡新聞 富士山地下水

◯『茨城大小荒井教授「地形改変場所に要注意」 浸水リスク巡り提言』 (東京新聞)
昨年2015年9月の関東・東北水害の発表も取り上げられていました。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201605/CK2016052502000183.html


日本地球惑星科学連合2016年大会 東京新聞 茨城 洪水

◯『福島第1原発事故 飛散微粒子3種類』(毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160524/ddm/012/040/029000c

日本地球惑星科学連合2016年大会 毎日新聞 福島第一原発事故 飛散微粒子3種類

やっぱりメディアがアクセスできるとなるとこういう学会発表になってしまいますが、学会発表は完成形というよりも議論の場なので「これが真実!」みたいに報道されるよりも「こういうデータが提示された」「こういう意見が提案されている」というスタイルでいてほしいと思います。その意味で、論争を載せた静岡新聞はグッジョブと言いたいところです。
内容については、今年は火山噴火がやや穏やかだったのですが、やっぱり地震関連、災害関連が集中的に取り上げられていますね。この感じだと世間の人からは、JpGUはエラい人たちが眉間にシワを寄せて災害予測でも考えているように思われているかもしれません。実際には、系外惑星とか三波川変成帯とか冥王代の初期生命とか遠洋深海堆積物とかでワイワイ盛り上がっていたり、ポスター会場でビールが無料配布されていたり、というたのしい大会がJpGUです。もっとそういう、わくわくするサイエンスを議論している場としての紹介もあったら良いかもしれませんね。
スポンサーサイト
  • 2016-05-21

日本地球惑星科学連合がJGUではなくJpGUな理由


  さて、明日からたのしいたのしい日本地球惑星科学連合大会ですね。

日本地球惑星科学連合=Japan Geosciences Unionで、略称は「JpGU」、日本語では単に「連合」と呼ぶことが多いです。
地球惑星科学連合といえば知らない人からはガンダムみたいと言われ、「連合」といえば労働者の決起集会かなにかかな、と言われることで有名な学会です。

同様の組織はアメリカやヨーロッパの方が先にあって、
アメリカ地球惑星科学連合=American Geosciences Union 略してAGU
ヨーロッパ地球惑星科学連合=European Geosciences Union 略してEGU
があります。

これらを見れば流れからして日本のはJGUになるはずですが、なんで「JGU」ではなくて「JpGU」になったかというと…
日本では既にJGU=ジャパン・ゲートボール・ユニオンが存在したからです。!

日本地球惑星科学連合ができたのは2005年、最初の大会は2006年。一方のゲートボール連合ことJGUは1984年に設立されたとのことです。

Top|Next »

HOME

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード