planetscope blog

  • 2011-02-27

TPP反対を考える(ざっくり編)


  今、「TPP 反対」などでググると、GDPの伸びだの経済成長だのの原動力にTPPや自由貿易を持ち出してきては、自由貿易に反対する人を経済オンチ呼ばわりする者が少なからずいる。TPPに反対しているのは、国の保護や助成が欲しい農協や農家とその回し者の議員が利権にしがみついているからであり、そういう連中が日本の国益を損なっていると言う者が少なからずいる。

農業の助成が市場経済を歪めるという話があり、確かに経済学の理論的には全くそのとおりかもしれないが、工場運営のように全く人工的な生産活動と、農業運営のような自然相手の活動を、GDPやらなんやらなどの金額や経済規模で判断するような、同じ科学で分析することは極めて困難だし、センスがないことだと思われる。

1)農業は工業生産とは違い、天候や地形など自然条件に大きく左右される産業である
  供給量を生産者が好き勝手に決められない。

2)農業は外部経済として、自然環境の保全効果も考慮されなければならない。
  特に、生産地と消費地が大きく離れることは環境に負荷が大きい。

3)農業による食料の供給は、工業生産の供給とは違い、「たくさん安く作れればいい」訳でない。
  ヒトが生きるのに最低限必要な食糧の量というものがあるし、
 逆にヒト1人が食べる量には限度がある。

農業と工業はまったくタイプの違う産業なのである。当然、その評価システムも違ったものを用意すべきである。
確かに、一部のTPP推進派の「知識人」やネット住人(ネトウヨかなんなのかは良く解らんが)、彼らの言うように、 今一番TPPに反対活動している農協に、何かしらの利権構造があるのかもしれない。そこは正されるべきだが、 その根拠として教科書の経済学を振りかざすだけではそれも説得力がない。



TPPや自由貿易の問題は農業保護だけではない。

そもそも、TPPを締結し、自由貿易を推進すれば日本の製造業が伸びて経済が成長できると言っているが、そもそもこれまで市場のグローバル化を推進してきたがために
1)企業は賃銀の安い途上国に労働力を求めるようになり

2)先進国各国の賃金が下がり、失業が発生し、

3)先進国の需要が減少し

4)モノをつくっても売れない時代になった。
すなわち、市場のグローバル化によって発生した現在の様な構造的な不況下では「供給が需要を作る」のではなく「需要が供給を作る」のである。これ以上の自由貿易推進など、世界経済が自らの首を締めるようなものであるが、各国の主導者は「自由」という言葉が絶対的に良いものだと信じて疑わないがために、自由貿易推進を進めている。
このへんの分析に関しては、私は木下栄蔵『経済学はなぜ間違え続けるのか』が単純ではあるが面白いと思う。もう少し文系らしい本だったらエマニュエル・トッドの『自由貿易は、民主主義を滅ぼす』が良いだろう。

ともかく、我々がやるべきことは、これまでの経済学のように、たくさん作ってたくさん余剰が得られればハッピーというものではなく、どのようにして定常的な人類社会システムを構築するかということである。
その一端を担うものとして理学系地学屋やさんの私としては 「開放系熱力学」や「エントロピー経済学」に期待してはいるが、これらだけでは不十分である。 文系学部にもいるであろう知識のある人達の能力を、現在のような不毛な政治経済議論ではなく、なんとかして有意義な方向に向けたいものだ。そんなふうに思う。



☆私が作った『TPP反対のリンク集』
http://teruteru.bakufu.org/tpphantai.html





追記:

大学入学以降、政治経済ネタは少し避けていたんですが、最近この自由貿易関連のネタで復活しつつあります。
鉱物とかそういう「平和なネタ」も色いろやりたいことあるんですがね、こう言うのも大事だし。
まぁ、てるてるは基本的に政治家ではなく学者を目指しているんで←
 ↑ここで笑ってくれるのはカールさんくらいか?(^皿^;)

関連記事
スポンサーサイト

« 1-1 千葉石の発見経緯|Top|造岩鉱物の分類 »

コメント

入試から帰ってきましたよ。これからは「カール」と名乗ります
(脱イデオロギー化)

ご自分の畑を超えて政治・経済問題に目を向けられる学者様というのは、今日本で本当に求められている存在だと思います。頑張ってください。

 まず、地方に行って農家の実態を見てきてはいかがでしょうか。
 私の父親の実家(大分県中部の「秘境」地帯)は地主で、稲作を中心とした農業・林業に関わっておりました。
 しかし数年前、家主(私の祖父の弟)が白血病で倒れ(先月他界)、その後は一切の農林業を止めてしまいました。おかげで耕作地だった土地と山は荒れ果て、だだっ広い原野と山林と化してしまいました。

 私は日本の農林業の将来を危惧し、「何とか土地を売ったり貸したりできないのか」と再三にわたって提案しておりました(もっと学費の高い私立医大を考えていた時です)。

電話越しに祖母は声を荒げ、
「よそ者に土地をやるくらいならそのままにしておいた方がマシだわいな」と。

こういう状況にある農家って、結構あるのではないでしょうか。
高齢化の進んだ農家は恐ろしく生産効率が低く、コストが跳ね上がります。
日本は稲作に非常に適した環境であるにもかかわらずコメの価格が他国に比べ異常に高いことからもお分かりでしょう。
最近は農業大学や農学部を卒業した若い人たちが農村へ出向いていろいろ啓蒙活動しているそうですが(日本版ナロードニキみたいですね)、「先祖代々の土地」を手放したくない農家はこれを全く受けつけず、迷惑がっている有様です。

こんな人たちが農地を荒れ地にしているのです。
どうしたら解決できるのでしょう。

日本の大企業も「本社をシンガポールに移転した方が良いかもしれない」といった議論が公然と出始めているそうです。しかも旧財閥系の大企業が、です。

いろんなところで、いろんな立場の人の話を聞いてみるのも良いと思います。貴方の通っている大学はそういうことのできる、日本で最も恵まれた環境にあるのですから。

私は私立国立どっちになるかわかりませんが、どこの大学に行っても将来は地方で勤務したいと思っています。

地方の大学で鉱山学部を復活させるのも面白いと思いますよ!

カールさん、入試帰ってから早々にコメントありがとうございます。

>「よそ者に土地をやるくらいならそのままにしておいた方がマシだわいな」
◆高齢の農家の方はそういう保守的な考えも多いでしょうね。特に秘境地帯ともなればそうでしょう。
◆私の親戚は福島県郡山の隣町で米と野菜を作っており、いくつかの分家があったり、いくつかの山と田畑を所有してたりします。福島県は多額の予算をつけて農道をアスファルト舗装されていたりと、かなり開けた農業地帯です。親戚などと祖母のやりとりを見ていると、それほど土地に対する執着というものはないように見受けられます。「土地持ってたって固定資産税で大変だよw」と。

>こんな人たちが農地を荒れ地にしているのです。 どうしたら解決できるのでしょう。
◆高齢者の「引退」(やや不謹慎なのでこの程度の表現にしとくw)と、農村環境の近代化にともなって少しずつ変化は起きるかと思います。特に若い世代で情報社会に取り込まれていれば、土地に関しても理性的な判断をする可能性が極めて高くなっていくでしょう。現在は過渡期なので行政のイニシアチブに助けを求める必要があるかとは思いますが。

◆また、あまりの秘境地帯は自然に返すというオプションも検討すべきでしょう。今後、人口が減少してくれば従来ほどたくさんの食糧を生産する必要もなくなるかもしれません。秘境地帯の集落のためにライフラインを維持するだけの財政的余裕もなくなってくるでしょう。

>私立国立どっちになるかわかりませんが、どこの大学に行っても将来は地方で勤務したいと思っています。
◆まぁ地学の研究できる大学はそう多くないんでねぇ。。。 ポスドク時代に少し地方に出てみたいという思いはありますが。
◆ちなみに、鉱山学部といえば秋田大学ですがあそこは都市鉱山のリサイクル事業が本業になってしまっており、プロアマ問わず古参の鉱物マニア方々は「添加の秋田大学がゴミ拾ってるんだから世も末だな」なんておっしゃっておりますw これからは鉱山開発するよりリサイクルしたほうがもとが取れる時代になってくるんでしょうね。石マニアには辛い時代ですが…

黒珪石かも??

先日近くの駐車場の轍に砂鉄が溜まってるのを発見し持ち帰りパンニングしたところ砂鉄の中に丸い水晶みたいなものと雪だるまみたいなものがありました。不思議に思っていたのですが。写真が添付できないのが残念です。

荒川の樋口駅の先の支流でパンニング中に砂鉄の中に丸くて表面にプツプツ?が全面に有る球体を発見しました。
調べようがないのですが南部の鉄瓶みたいに黒光りしています。

埼玉在住です。

Re: 黒珪石かも??

写真がないとなんとも言えませんが、黒珪石は日本ではそう簡単には出ません。
パンニングでは人工物などが引っかかることも少なく無いです。
荒川の砂金も、合金の状態や組成などを調べるとけっこうなものが人工的な金の成れの果てだったりするそうです。


> 先日近くの駐車場の轍に砂鉄が溜まってるのを発見し持ち帰りパンニングしたところ砂鉄の中に丸い水晶みたいなものと雪だるまみたいなものがありました。不思議に思っていたのですが。写真が添付できないのが残念です。
>
> 荒川の樋口駅の先の支流でパンニング中に砂鉄の中に丸くて表面にプツプツ?が全面に有る球体を発見しました。
> 調べようがないのですが南部の鉄瓶みたいに黒光りしています。
>
> 埼玉在住です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iwatteru.blog47.fc2.com/tb.php/128-c5d7165f

クロムハーツ ネックレス

私はできるだけ愛さあなたは意志受け取る右ここに行った。あなたの執筆材料 、 | 魅力的な味わい深いスタイリッシュなスケッチです。それにもかかわらず、あなたのコマンドを取得買った 緊張は、以下を提供すること願っている以上の。 として以来、まったく同じではほぼたくさん非常によくあるケースの内側には、このハイキングを増やすをシールド再び以前| 複数のさらなる体調は間違いなく来る。

Top

HOME

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード