planetscope blog

  • 2011-02-28

1-1 千葉石の発見経緯


  本館planetscopeで千葉石の特集ページ作りました!

http://teruteru.bakufu.org/Chibaseki.html


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆千葉石発見!
千葉県のほとんどの地域は砂岩や泥岩などの堆積岩でできており、鉱物採集に向くような地質、すなわち火成岩が嵌入しているような場所が余り無いことから、鉱物愛好家の間では「石無し県」と呼ばれてきました。千葉県で鉱物採集が出来る場所といえば、銚子地域と、南部の嶺岡山地や鴨川のあたりくらいでした。

そんな千葉県で新種の鉱物が見つかり、2009年に千葉石ChibaiteとしてIMA(国際鉱物学連合)へ申請が受理されました!

2011年、この新鉱物に関する論文が独立行政法人物質・材料研究機構の門馬綱一研究員らの研究グループによって、イギリスの科学雑誌「ネイチャーコミュニケーションズ」に発表され、国内の新聞やテレビでもニュースとなりました。

新鉱物を発見した場合、IMAにどのような鉱物をどこで誰が発見したかということを報告し、新鉱物として認めてもらうように申請します。この申請が受理されてから2年以内にその新鉱物に関する論文が発表されないといけません。発表された時点で「新種の鉱物」ということになるようです。2年以内に発表しなかったら…まぁ、またIMAに申請することになるんだと思いますが。。。今回の千葉石の場合、2009年3月にIMAが申請を受理、2011年2月に論文発表なのでかなりギリギリだった、ってことなのかな!? 


◆10年以上前から…?
しかし、この千葉石、新鉱物と認められるよりもずっと前から、「奇妙な形の結晶をした石英」の標本として千葉県立中央博物館に一般展示されていたとのこと。

Mineralhuntersさんのページの2008年2月の記事↓
http://mineralhunters.web.fc2.com/chibatyuouhakubutukan.html


千葉石の仮像(千葉県立中央博物館)
↑画像1 上記サイトから「千葉石」の画像を引用

この標本は1998年にアマチュア鉱物研究家の本間千舟氏によって採集されていたもので、それが博物館に寄贈され展示されていたようです。もう10年近く展示されていたことになるかと思いますが、その間、鉱物マニアでない一般の方はまさかこの白い塊が貴重な石であるとは、思ってもみなかったことでしょうね(笑) 科学なんてそんなモノですよ。

「千葉石」の画像と書きましたが、上の画像は実際は石英であり、元・千葉石です。千葉石として結晶が成長したが、その後結晶の形はそのままに石英に変化してしまった、ということです。こういうのを「仮像」といいます。1998年に採集した際には、何らかの鉱物の仮像の石英であるとは考えられていましたが、元の鉱物が何かまではわからなかったということでした。

その後、2007年、同じ場所で、ちゃんとした、すなわち石英に変化してしまっていない千葉石が西久保勝己氏と本間千舟氏によって採取され、それを分析した千葉県立中央博物館や独立行政法人物質・材料研究機構などの研究グループが結晶構造の詳しい分析を行った結果、2008年に新鉱物であるとわかったとのことです。

千葉石は本来透明な鉱物で、それが石英に変化してしまうと白濁するそうです。
千葉石
↑画像2 千葉石の結晶 産経新聞のサイトから 本間千舟氏所蔵:門馬綱一氏撮影とのこと。

◆千葉石展示されてます♪
現在では2011年6月12日まで千葉県立中央博物館で千葉石のトピックス展をしており、画像1の標本は「千葉石の仮像の石英」としてありがたく展示されているそうです(^^)

↓Mineralhuntersさんのページより2011年2月の記事、展示の様子が記されてます。
http://mineralhunters.web.fc2.com/chibaitetenji11_2.html


◆発見はいずこに??
千葉石を採集した本間千舟氏は「化石を採取していたら泥の中から珍しい結晶を見つけた。新種と知り驚いている」と話しているとのことです。もとから鉱物を採ろうとしてたわけではなく、化石を採ろうとしていたら新鉱物の発見に出会ったというわけですね… 
自分も鉱物採集だけじゃなくて化石採集もしようかと思ってしまいました(^^;) 柳の下にナントヤラですね(笑)


(参考)
・東京新聞のサイトより
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20110216/CK2011021602000059.html
・Mineralhuntersさんのさいとより
http://mineralhunters.web.fc2.com/chibaitetenji11_2.html
http://mineralhunters.web.fc2.com/chibasekiei10_11.html
http://mineralhunters.web.fc2.com/chibatyuouhakubutukan.html


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まだまだ千葉石特集は続きます!
鉱物学的なこと、地球科学的なこと、さまざま!

続きはこちら↓へどうぞ!

http://teruteru.bakufu.org/Chibaseki.html
関連記事
スポンサーサイト

« 1-2 「千葉石」の読み方について…|Top|TPP反対を考える(ざっくり編) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iwatteru.blog47.fc2.com/tb.php/129-61225139

Top

HOME

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード