planetscope blog

  • 2011-03-26

原発震災


  福島第一原子力発電所が事故ってますね。
色々と意見書きたいことはありますが、とりあえず要点だけ記しておくと、以下の2点の問題をクリア出来ない限り日本で原発をやるべきではないと思っています。


1.地球科学的不確かさに基づく「想定外の」事故への安全安心な対策
  
今回の地震は確かに地球科学者の多くが三陸沖から茨城沖まで連動してM9.0の巨大地震になり、巨大津波を引き起こすとは思っていなかった。それは致し方無いとしても、地球はそういった人類のたかだか200年足らずのサイエンスでは予測不可能な災害を起こすことがある、しかもそういった災害は数千年から数万年に一度という「低頻度災害」である。原子力発電所のようなリスクを伴う巨大技術を運用するならばそういった現実も加味され設計・運用されなければならない。


2.”馬鹿マネジメント工学”の充実

優秀な頭脳を持った原子力発電所そのもの、単独での技術的な面ではすでに、安全はほぼ確立しているのであろう。東工大で「優秀そうな」工学部の教員、学生に触れる機会がたくさんあると、工学的、技術的な側面に関して門外の私が疑いをかけるのは少し気がひける思いがしている。
しかし、どんなに優秀な頭脳が作ったモノであってもそれを運用するのはこの地球という自然環境の中であり、ヒトが操作し、ヒトの生活を本質的に豊かにするものでなければならない。優秀な頭脳の産物であっても、頭脳は与えられた情報から何かを作り出している以上、未来の予想できない「外界」でも頭脳の言いなりとなって機能してくれる補償はないのである。
「外界」とは不確かさだ。それは先の環境の地球科学的な意味合いの他に、人間の「馬鹿さ」というものがある。優秀な頭脳を持ち、日々研究に勤しむ工学者には大変理解しがたいことであり、そのストレスは時として彼らに対して放射線以上の発癌性リスクを持つのではないかと思われるくらいである(笑)。今回も反原発主義者がここぞとばかりに活動して「非科学的な」言説まで流していたことやテレビのインタビューに映る主婦の言動に反発している場面を多々見かけたが、優秀な工学者の皆様、社会の圧倒的多数は馬鹿なのです。その歯がゆさは私も身に染みるほど理解できます。しかし、こればかりは人間の、ヒトの集まりとしての、超えられない現実なのです。
「馬鹿」と言えば反原発主義者だけではありません。東京電力や原子力安全保安院の歯切れの悪く、重要な情報を提供しようとしない(提供する能力のない?)記者会見などの「お役所気質」「官僚気質」、こういった「馬鹿」というものも、残念ながら発生せざるをえない問題であり、超えられない現実であると思われます。特に原子力発電のような巨大技術、リスクを伴う技術には巨大な組織というものの関与は避けることはできず、このような「馬鹿」の問題の発生は「想定外」と入っていられないものなのです。
こういった社会に多数存在・発生する馬鹿を乗り越えなければ原子力に関する安心は得られません。「馬鹿マネジメント」の手法を議論する必要があります。




本当ならば、そもそも放射性廃棄物という地球上に本来存在しない危険極まりない廃棄物を人類の歴史的には永久に管理し続けなければならない原子力発電はそれだけでも廃止の根拠になると言いたいところですが、そういった議論を差し置けば、原子力の理容は上記の2つの問題点を完全に攻略することが今後必要になるでしょう。今回の事故を機に、原子力の本当の技術的安全、そして国民的合意が得られる安心を構築ための考察の場を作らなければなりません。


※注意! 
この文章は、筆者が自分で書いておきながらも、やや本心とかけ離れたことを述べています。良識のある大人であれば、上記の2つの問題が本当に解決でき………あとは優秀な読者の皆様の判断にお任せします(^q^)
 

関連記事
スポンサーサイト

« 高根山鉱山のランシー鉱 Rancieite|Top|3-2 千葉石の発見から今後の地球科学を考える »

コメント

地球は生きているということですね。
巨大な「父なる大地、母なる海」を科学していく皆さんはやっぱりすごいっ。

しかし、
「馬鹿」って言われても・・・しょうがないですよぉ~
だって僕たち馬鹿なんだもんwwほんとにwwww

私の父母は高校時代は数学・理科で赤点垂れ流し、既に高校一年の時点で理科系の勉強をキレイさっぱりあきらめた生粋の私立文系人間です(どうやら母は指数・対数、父は三角比で破滅したそうです)。

両方の祖父母も私立文系、親戚一同皆私立文系。

しかしこいつら社会で結構上手くやりやがるんですよ。

早大法学部を出て、理系科目をろくすっぽやってない人間が、ベンゼン環が何なのかも当然の如く知らない人間が、化学原料が満タン入った何隻ものタンカーの行き先を決めていたり、これまたそのフザケた痴態をさらけ出したバカ息子が行くかもしれない私立医大の学費を負担できる力を持ったりするのです。


こういうイカれきったクレイジーな人間集団も社会にゴマンといます。気をつけてくださいw

新設地方国立大学の理学からかけ離れた(もはや職人養成的要素の)医学部という、よく考えればシケた学歴を今後背負うことになる私はもれなく馬鹿に認定されます。

仏の心でイタ過ぎる私どもを観察してみてください。
自慢ではないですが、私も「日本社会の無知ゆえの馬鹿」という大きな魚を構成するウロコの一枚を自負しております。

東工大にはいない希少種です。これからもよろしくお願いします。
m(_ _)m


カールさんへ

貴方は少なくとも馬鹿じゃないでしょう笑

少なくとも、私が言いたかったのは、個人の知的レベルが高いかどうかということよりも、社会集団の中に一定割合以上はそういった非合理な人たちが発生してしまう、ってことかな。
ごめん、自分で書いててよくわからなくなってるかも/(^0^)\

私は馬鹿の存在も社会のバカの壁もある程度見聞きしてはいるつもりですし、というよりもその存在が未来永劫なくなることはないと諦観して目を背けてお気楽に暮らすことを胸に決めつつあるような気がしないでもない阿呆な者ですが(笑)、「優秀な工学者」にはそれが絶対に許せないという人が少なからずいるようにみえて… 

もう良く解らんですw 
理詰めで行くのが無理だというのなら、たとえ無知でも尖っていて己の感性に突き動かされるような情熱みたいなのが必要な時代なんですかねぇ、と龍馬かぶれの人みたいなことつぶやいても虚しいばかりだしwww

とりあえず、次回は平和な鉱物採集の記事でも書きますw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iwatteru.blog47.fc2.com/tb.php/135-164e21f5

best dating

Thank you, this really is the worst factor I’ve read

Top

HOME

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード