planetscope blog

  • 2011-11-03

城ヶ島でのビーチコーミング


  2011年10月29日、城ヶ島に地層見学&ビーチコーミングの「ひとり巡検(笑)」をしてきました。この記事ではコーミングの収穫物について紹介します。
ビーチコーミングは今年になってから鉱物採集や地学巡検のついでに始めた趣味で、まだまだわからないことが沢山ありますが楽しいものです。鉱物採集にしてもビーチコーミングにしても、私はどうも拾い集めることが好きなようですねw
まだ初めて間も無いので、タカラガイの同定など、詳しいことご存じの方はコメント欄に書いていただけると嬉しいです。


城ヶ島の地層1
城ヶ島の地層2
↑城ヶ島の海岸の様子 三浦層群の見事な地層が露出していて、関東を代表する地学巡検先の1つです。
海もとても綺麗で、東側は城ヶ島公園として整備されているので遠足や観光などでも有名です。

城ヶ島のウニの殻
↑バフンウニの殻 たくさん落ちてました。

ウニの殻の中側
↑ウニの殻の中側 突起が付いている。

タカラガイ1 
↑私のコーミングのメイン対象であるタカラガイ。城ヶ島のタカラガイは状態の良いものが多数ありますが、大型のものは少ないようです。
この貝殻は長径1cm強、種名はチャイロキヌタPalmadusta artuffeli (Jousseume, 1876)で、三浦では最もポピュラーなタカラガイの一つ。

城ヶ島のタカラガイ4
↑カミスジダカラ Palmadusta clandestina clandestina でしょうか? 大きさは上の茶色砧と同じ位。

城ヶ島のタカラガイ2
↑やや大型のもの。とはいっても右上の最大のもので長径3cm
 エージングがやや進んでいます。

城ヶ島のタカラガイ3
↑上の貝殻たちの裏側。

城ヶ島の貝殻
↑サザエの貝殻。
 エージングの感じとか、フジツボの付き具合とか、なんだかジワジワと感じるものがあるので拾ってきてしまいました笑


そして、最後に城ヶ島の西端で夕日を眺めてから帰って来ました。城ヶ島は楽しいところでした。地層見学もモットちゃんとやりたいし、年に一度くらいビーチコーミングしに行ってもいいと思います。
城ヶ島の夕焼け
↑秋空を流れる雲の縞と、城ヶ島の三浦層群の岩の縞。見事な眺めでした。
右側あたりに実は富士山のシルエットが見えるのですが、わかりますかね? 写真にするとどうも雲と一体化してしまいますが、実際にはもっとはっきりと見えました。
関連記事
スポンサーサイト

« 迷走の果てに見えてきたもの-量子力学との付き合い方|Top|21世紀の持続可能な発展の仕組としての、関税 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iwatteru.blog47.fc2.com/tb.php/155-aec641d2

クロムハーツ

planetscope Blog 城ヶ島でのビーチコーミング

Top

HOME

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード