planetscope blog

  • 2012-02-28

世界のらん展2012


  2012年2月、東京ドームで開催されている毎年恒例の世界のらん展に行って来ました。
高校の時、生物部だったので熱帯植物やアクアテラリウム、ホウセキランjewel orchidに手を出していました。
昔、高校生の時に書いたホウセキランの記事はこちら
その頃一度は行きたいと思いつつ行ってなかったので、やっとのことで行きました。
すでに生物園芸の趣味は畳んでしまって、今は専ら鉱物・地学ばかりやっていますが、久しぶりにこういう園芸系のイベントに来てみてテンション上がりました!
特集展示の青いラン&ホウセキランを目当てに来たようなものでしたが、そのブースだけ90分待ちで全く入れませんでしたし、入場料¥1,200は少し高いかな、って思ってましたが、それだけの価値はありました。気が向いたら来年も行きたいくらいです!


それでは会場の様子など報告を。


世界のらん展2012会場の様子
↑入ってすぐ、これは期待できそう!って思いましたw なかなか豪快です。


世界のらん展ディスプレイ部門1
↑会場に入って直ぐに目を引くのが、ディスプレイ部門の展示。テラリウムとかやっている人にはこういうのたまらないでしょう!
世界のらん展ディスプレイ部門2
↑この状態でずっと維持できたらテラリウムとして果てしなく素晴らしいですが、まぁ、期間限定ですよねw 
元生物部員の私としては、こういうところでトカゲやヘビなどの爬虫類を飼ったり、池を作って熱帯魚も展示してアクアテラリウムにするとかもしてくれると、ものすごくワクワクしますがそれは要望するイベントが違うよねw
世界のらん展ディスプレイ部門3
↑蘭の展示がメインなので、それが素晴らしいのはともかく、脇役のコケやエアープランツの使い方がイイネ!
複数種のコケを使い分けてジオラマを作っている!
世界のらん展ディスプレイ部門4
↑こういうモダンなディスプレイもありました。
世界のらん展ディスプレイ部門5
↑一部をアップで写真にとって、PCで軽く色調編集してみました。今はこれをデスクトップ背景に使ってますw
世界のらん展ディスプレイ部門6
↑和風モダン系も。


その他、ガチ和風なもの、中華系なもの、メルヘン系なものなどなど、さまざまなディスプレイがあって面白かったです。農業系の専門学校や高校などが出店しているのもあって感心しました。


世界のらん展ミニチュアディスプレイ部門1
↑ミニチュアディスプレイ部門というのもある。こういうの家に飾りたい笑
世界のらん展ミニチュアディスプレイ部門2
↑たぶん、普通の人はこのミニチュアディスプレイみても、フーンって通りすぎると思いますが、私はこの展示に感心しました。
世界のらん展ミニチュアディスプレイ部門3
↑そう、うまく組み合わせて、さもルディシア・ディスコロール Ludisia discolorから大輪の花が咲いているかのように見せているのです!
世界のらん展_ホウセキラン展示
↑こちら、エクアドルの業者の展示なのですが… 
 派手な花のほうが人気があり、この展示は余り見向きもされずに通りすぎている人が多かったですが…
世界のらん展_ホウセキラン展示2
↑この真中のホウセキラン!グッと来ました!
世界のらん展_ホウセキラン展示3
↑Lepanthes calodictyonという、ホウセキランにしては珍しく花が目的になる種のようです。
 Googleで検索してみると、キレイに状態上がっているものが出てました!
 これは育てたい…ww


世界のらん展_審査部門_会場の様子
↑個体の審査部門の展示。こういうのはかなり深い世界なので、まぁ、キレイだなぁ、と流してしまった…熱心に鑑賞している中高年の方が沢山いました。あと、最近はやりのカメラ女子みたいな方が写真に収めようと奮闘している様子も。


ホウセキラン販売_世界のらん展
↑お次は販売コーナー。国内外の業者が集まってさまざまなランを売っています。
自分は鉱物の方でミネラルショーによく行っていますが、すごく近い空気を感じました。マニアな方と業者の会話など聞いていると面白いものです。
やはりこういう趣味の世界というのは活気がありますね。良いものです。
ホウセキラン販売_世界のらん展2
↑私は主にホウセキランjewel orchid目当てで物色しておりました。
 アメリカの業者さんが沢山扱っていました。一株¥1,000だったので買いたくて買いたくて仕方なかってけど、もう1回植物趣味立ち上げ直して育てきれる自信がなかったのでやっとこさの思いで諦めました。
ルーペでガッツリ観察だけさせて頂いちゃいました。スミマセンネ…
ルディシアディスコロール
↑先ほどのルディシア・ディスコロールLudisia discolorですが、こちらは何かとかけ合わせているのでしょうか?葉の色が違って、マコデスMacodesみたいですね。こちらも買うかどうか、かなり悩みましたが辞めましたw


久しぶりに生物園芸趣味の世界を見に行ってきましたが、とても楽しかった。高校の頃の、「生物部クオリティー」のマインドを思い出しました(笑)
関連記事
スポンサーサイト

« さよなら業平橋駅|Top|煙水晶Smoky Quartz & 黒水晶Morion »

コメント

医大から車で10分ほどの林道沿いに生えている(種類はわからないけど)苔やシダを眺めていると生物部マインドがよみがえってきて、何とも言えない感覚に陥る時があります。
試験日程が過酷だったり、女の子からメールの返信が来なかったりすると車を走らせて野山の散策に行きますww

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iwatteru.blog47.fc2.com/tb.php/169-1b391846

クロムハーツ 店舗

planetscope Blog 世界のらん展2012

人気 バッグ ブランド

q バッグ

クロムハーツ

こんにちはそこに、 私が発見した自分サイト による |ながらと同時にGoogleの {トピック| 似を探して問題|件名} 、あなたのウェブサイト だここ来て、それは見える | いいのようにように見えます。 私が持っているブックマークそれ私のGoogleのブックマークインチ

Top

HOME

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード