planetscope blog

  • 2015-07-13

黄熱予防接種 [アフリカ調査日記 Prologue]


  今年2015年の8月はアフリカへ研究室の地質調査に行きます。そのための予防接種について、せっかくの機会なので日記にします。当然ですが、医学的内容はこんな日記でなくて専門の情報を見てください責任は取りません。

旅の日程としては、8月1日に日本を出国、まずはガボンへ行き会議に参加します。ガボンは2泊3日だけ。
そのあとのメインとなる地質調査は南アフリカとジンバブエで行います。南アフリカでレンタカーを借りて、陸路でムッシーナ(ジンバブエ側はバイトブリッジ)で、国境を越えます。そしてジンバブエのマシンゴ、ハラレ(首都)、チノイ、グウェルと回ります。なぜジンバブエでレンタカーしないかというと、首都ハラレにハーツがあるんですが車種が全然なくて、野外調査に耐えうるものがなかったからです…
で、南アフリカに帰ってきたら今度は東の端のバーバートン高原でまた調査に。最後に26日にヨハネスブルグから日本へ帰国します。

さて、南アとジンバブエは、本当は予防接種無しで行けるのですが、ガボンは黄熱の予防接種がないと入国できませんし、まかり間違って入国してしまうと南アなど他のアフリカ諸国に入れなくなります。
というわけで、黄熱の予防接種を受けることに。東京で受けられるのは、早稲田近くの国立国際医療センターか、もしくはこれまたその近くの東京医科大学のどちらかになります。
私は前者の国立国際医療センターの方を選びました。特に理由はないんですが、交通の便が私の都合によかっただけです。結果的には後者の東京医科大学よりも予約に空きがあって、素早く接種できました。

接種の手順としては、まずは電話にて予約を取り、旅程とこれまでの予防接種の履歴に基づいて診断をします。この時、母子手帳が必要になります。ここで打つ予防接種を決めたら、次回の予約を取ります。大抵、週に1、2回しか予防接種の打てる日は無いので、選択肢は限られます。
私はマストである黄熱の予防接種に加えて、ついでもあって破傷風とA型肝炎の予防接種も打つことに。医者に言われると打たなきゃ、って気になってしまいます。
私の場合、診断の2日後の午前中に接種できました。他の人たちは1週間以上空くことも普通なようです。
予防接種を受ける当日はパスポートを持っていきます。これで黄熱ワクチン接種の証明書を発行してくれます。接種自体は、普通のワクチンと変わりませんでした。黄熱を左肘近くの上腕に、破傷風は右肘近くの上腕、A型肝炎は左腕のもっと真ん中のあたりに、と3本立て続けにポンポンと打ちます。特に黄熱は生ワクチンとあって緊張しますが?、別に打たれる分には特別痛いわけでもなく、インフルエンザなどと大差ないです。
接種後は、証明書発行などの事務手続き待ちを兼ねて、30分ほど待機しアナフィラキシーなどの重篤な副作用が出ないか確認します。まぁ出ないです。適当に書類を待って、会計を済ませて帰ります。
会計ですが、自費負担なので結構お高いです。黄熱証明書発行手数料約10,000円や、合わせて処方してもらったマラリア予防薬なども合わせて30,000円近い出費になりました…なお、学生の場合は、予防接種が学割値段になるので、必ず学生証を持っていきましょう。

さて、午前ですべてが済んだので病院を後にして大学でデスクワークをしてたのですが、これがもう、数時間後から眠くて眠くて!いや、凄まじい眠気と身体のダルさでした。黄熱生ワクチンを前に無理はよくないと、早めに帰宅してその日は寝ました。
しかし翌日になっても眠気は半端なく、目が覚めたのがもうお昼前とかで、なんとか大学に行きましたけど、ミーティングとか適当に済ませた以外はダルすぎてずっとお昼寝状態、それでも帰宅即寝落ちするくらいでした。翌日からはなんとか普通に戻ってきましたが、ビックリするくらい身体のダルさが凄まじかった、まぁ黄熱生ワクチンの副作用と思われるのはこのくらいで、発熱や頭痛などのもっと病気っぽい症状は出なかったです。
他の副作用としては、破傷風の接種した場所が異様に腫れたことです。破傷風は幼少期に打ってるので少しは抗体があるせいなのか知りませんが、腕が全力で反応してて、思いっきりぶん殴られた時のたんこぶみたいな感じで腫れて熱を持ってました。手をかざすだけで暖かみを感じるレベルに発熱しました。黄熱の方も多少は腫れと発熱がありましたが、こんなに破傷風のところのようにひどくはなかったです。A型肝炎は打ったことを忘れるくらいには何もなかったです。
この破傷風の腫れ、接種時に医者からも「けっこう腫れるけど、まぁ2、3日で引くから気にしないでね~」とか言われてて、実際のところろは結局腫れが引くまで4,5日かかりました。まぁめちゃくちゃ腫れてても痛くはないです。腫れ特有の張った感じの違和感はありますけどね。ただし腫れが引き始めたあたりから少しかゆくなりました。虫刺されと間違えて無意識に掻いてしまってて慌てました。

とまぁ、予防接種をこんなに打つ機会も珍しかったので日記にしておきました。

関連記事
スポンサーサイト

« 関東鉱物産地情報2015 夏休み特集号|Top|ミネラルショー&ミネラルマーケット »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード