planetscope blog

  • 2016-08-04

無人在来線爆弾の圧倒的攻撃力


 
※最初は興奮しているだけなので、ネタバレ無しです。

いや~シン・ゴジラは良いぞぉ。

TLでチラチラとネタバレ流れ始めてるの耐えられなくて、朝からシンゴジラ観てきた。素晴らしすぎてもう涙でそう。最高。今月にあと3回は観たい。いやもうね、シンゴジラの素晴らしさは語るとかそういうんじゃなくてもうね、何言ってんだかわからないかもしれないけど、何言ってるんだろう。早くまた観たい。
ツイッターでは
「シン・ゴジラ、早くまた見に行きたい。これ以上何を言ってもネタバレにしかならなさそうだが、間違いなく言えるのは、
僕の、長くて理屈っぽくて役所やら政治やら科学やら軍事やら面倒くさいTweetを面白いと思ってフォローしてる人なら、最高の2時間を楽しめる
ってことです。保証します。」
「「シン・ゴジラ」がどんな映画かをネタバレしない範囲で言うなら。怪獣マニアが呑みながら語る「俺ならこんなゴジラを作りたい」「でも一般受けしないよね」「まず東宝が絶対通さないよね」というネタを力業で実現させた偉業の金字塔です。」
等とおっしゃる方がいましたが、まさにその通り、最高でした。こういう怪獣映画観たいな、でもこんなの作るなんて無理だろうな、って前々から妄想してたのが、いきなり完全な形で目の前に現れた、そういう感じ。
ともかく、圧倒的にたのしい。マッドマックスの時の興奮にも似たものを感じる。
深くストーリーとか演出とか造っているんだろうけど、そういう解釈とか細かいことは良いから見てほしい。この興奮を感じてほしい、そういう映画ですシンゴジラ。

※以下、ややネタバレします。





















さて、『シン・ゴジラ』により、この夏の最高のパワーワードとなった"無人在来線爆弾"。見慣れたE231系などの車両が軽快な怪獣マーチと共に特攻していく姿はロマンそのもので、どうしても書かなきゃいけない気がしたので書いておきます。

あのビジュアルだけでも最高ですが、冷静に考えて無人在来線に爆薬満載して突っ込ませるとか、そうとうえげつない破壊力があります。自衛隊の総力攻撃でも進行方向を変えただけのゴジラが、倒壊したビルや電車なんかにやられるなんて…みたいな滑稽に思った一般人が多いようですが、あの最後のシーンは"兵器で殴る"より"物理で殴る"の方が効果があることを物語っているように思います。
ラッシュには乗車率200%を超えるような都心の近郊型車両は、非常に大きな輸送能力を与えられており、なんと1両あたり18tもの積載が可能である。 それがJRなら10両編成で連なって時速100km以上で突っ込むのである。圧倒的破壊力!
18tの爆薬搭載量というのは、「B-29爆撃機2機分」「B-52戦略爆撃機 約0.5機分」「史上最強の通常爆弾MOABがなんとか2発搭載可能」らしいです。それを10両連ねて、そして東京駅で挟み撃ち、これならゴジラが倒れるのも納得でしょう。

あと丸ビルやらなんやら、東京駅周りの高層ビルをひたすらぶっ壊してゴジラにのし掛けていたあの攻撃、重量から計算してドラくらいになるんだろう。建築の人が計算してくれたら良いな。と思ってます。

でもまぁいいんだそんなことは。最後のシーンは普通にハリウッド映画なんかの絵面に比べると微妙なのかもしらんけど、電車、ビル、特殊車両と、男の子の好きなもの総力戦でゴジラと奇抜な作戦で戦った感じがとても良かった。僕はとても好きです。早くまた観たい。
関連記事
スポンサーサイト

« 『シン・ゴジラ』の官僚にむしろ親近感が湧く件|Top|夏ですが »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード