planetscope blog

  • 2016-08-05

『シン・ゴジラ』の官僚にむしろ親近感が湧く件


  とりあえず言っておきますが、相変わらず『シン・ゴジラ』はネタバレしますので、観てない方はこの画面を閉じてすぐに映画館に行きましょう。

ネタバレが目に入らないようにスペース空けとくため、予告編の動画でも貼っておきますね。




さて、『シン・ゴジラ』の登場人物は大半が官僚で一部に与党議員、といった形をとっています。
正直これを見た時は「攻める設定だなー」って思いましたよ。そしてなおかつ思ったのは「こういう官僚を主題に入れたパニック映画を待っていた!

自分が国立大学の院生で、友人知人先輩後輩に官僚やその他公務員となっていく人がたくさんいるっていう環境のせいなのかもしれないけど、官僚の存在はそんなに遠く遠くの天上の人ではないんですよね。専門用語で早口の雰囲気も、感情表現の薄い感じも、巨大不明生物特設災害対策本部(巨災対)チームの若手中心とした官僚チームの雰囲気も、ゴジラを倒した後のあの一仕事終えた感じも、すごく親近感が湧きましたよ。後から調べたら実際に官僚への取材の時の録音テープを俳優さんに聞かせて雰囲気を再現したとのことで、本当に感心しました(こちらの記事より)。

マスコミにしても評論にしても「庶民感覚」というのをあまりにも金科玉条にしていて違和感を感じますね。官僚の不手際や保身をチェックし指摘するのも重要ですが、やたらめったらと「大衆蔑視」であると責め立てておけば良くなると信じている節には全く賛同できません。
ゴジラ(幼体)による被災地視察のシーンで、パッと見てすぐに記者会見、みたいなシーンがありましたが、激務に追い回されて全ての現場を逐一直接知ることのできないもどかしさ、それでも次々と行動を取らなければいけない切羽詰まった状況での決断の大変さを感じ取って欲しい。現場を逐一全て見て回ることはできない官僚が、実際にたくさんいて、中央官庁で指揮系統を司る者として彼らなりに精一杯努力しているということへも少しは想像を回したら良いと思います。その上でどうやって問題解決に向かって行動していくのが良いかを考えたらもっと良くなるでしょう。『シン・ゴジラ』は3.11をモデルにしてデザインされた物語として、そんな現場の「現実vs虚構」の一面をわかりやすく映像化していると見てもいいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

« どうしても気になる皿と石 天皇陛下ビデオメッセージから|Top|無人在来線爆弾の圧倒的攻撃力 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード