planetscope blog

  • 2010-05-10

マユツバ考記2


  『マユツバ考記2』


authority無きauthorが、根拠もない寝言を垂れ流す企画です。文章の流れや言葉の響きを詩的に楽しんでもらえるように今後も努力したいと思いますm(_ _)m



「話半分に聞く」という慣用表現がある。

だが、私は断言する。

他人の話を半分も聞いたら、聞き過ぎだと。

特に、相手と論争になっていたり、激しく意見が食い違っている場合には

相手の意見に耳を傾けてはならない。



話というのは言葉である。

これに異存はないはずだ。

ここで考察したいのは、人が言葉により何かを伝達する際に

生じうる問題についてである。

何らかの生理的か心理的な要因により、相手に対して

言葉を発したいと思った人間がいたとする。

この過程において、自分にしかわからない自分の状態を

言葉という情報にしなければならない。

しかし、情報にするための過程というのも

言葉を発せさせる、もとの生理的か心理的な要因と

独立に存在するものではないから、ここでカオスな変動が起こりうることになる。

この言葉を受け取った相手の側がどういう反応を示すかということに関しても

ある程度の予測はできるかもしれないが、これもまた環境条件によっては

カオスで非常に不安定な変動を生じることもある。

これを単に相手も言葉を発するために・・・・・・

と、このような無限連鎖が会話として我々を楽しませたり

苦しませたりするといってよいだろう。



こう考えると、言葉により発せられた情報を逐語的に収集し

時系列的かつ論理的分析をすることにより相手を理解しようとするのは

あまり意味がないように思われる。

つまり、カオスな変動をする「言葉の発信」という現象を

時間追跡で演繹的に解決するのはあまり生産性がない、ということである。



つまり、言葉による情報伝達において、

相手の発する言葉から得られる情報のうち、真に有用なものは

非常に限られているのだ。

そんなものに耳を傾けるのではなく、

相手や自分の生きてきた軌跡や、現在のその状況が生じた原因や過程などが

長い時間の中でいかなる変化をしてきたのか、

つまり、言葉を発する動機となったものは何か、ということに関して

精密さはそれほど要求されないが

大きくとらえるということが重要になってくる。

そのうえで、相手との言葉による情報伝達という状況を

帰納的に考察するほうがはるかに有効なモデルを構築できる気がする。




ここで問題なのは、構築したモデルの実証である。

人の人生は一度しかないため、(別の座標視点なら時間は不可逆だからとでも言えばよいのだろうか)

ともかく、相手や自分の経験したことを時間的に再現して、

実験・検証することができないということが問題となる。

そのため、ここでは別の手段を考えなければならない。

それは、日ごろから様々な人間の所作を観察するしかないというものである。

同一の人物である必要はない。

似た状況におかれたさまざまな人物を観察し、分類し、

そして、モデルが現実に合致するか検証していくのだ。

合致しない場合には、モデルの修正が必要になるだろう。

それは、人知れず行うとても地味な作業であり、高度な観察力を要するものであろう。

たとえて言うならば、地質学者が広大な山の中に落ちている

岩石の一片一片を丁寧に見て地球の歴史を探り、未来を予測するようなものである。



こうして、ある程度モデル化に成功したならば、

もう相手との言葉による情報のやり取りに臆することはない。

相手がその状況に応じて変動的に発する言葉に惑わされずに

その背後に隠れている骨子となる構造をこちらは知っているのだから、

的確な返答により、言葉による情報のやり取り、特に論争などの対立に基づくもの、を

より建設的で安定的な方向に持っていくことができるに違いない。

万が一、自分の予想外の反応が返ってきたら、

研究すべき事項が増えたのだと積極的にとらえればよい。



ただし、物事には例外もある。

自分の恋する相手については

相手の発した情報をすべて受け止めなけらばならない。

というよりも、恋の定義からこれは導かれる気もする。

逆に、これができないなら恋ではないのだろう。



さて、文章の最後にしてここで新しく、2人の間の状況に関して

「恋の判別モデル」なるものを提示してしまった。

このモデルの検証はどのように行おうか、

私の研究はネタが尽きることはない。楽しいものだ。






(次回に続く)





ps. 結局、あんたが人の話ちゃんと聞いてないだけじゃ~ん、とか言わないように(^皿^;)
  マユツバ考記のスタイルとして、事実かどうかにはこだわらないことにしてるんで(笑)

関連記事
スポンサーサイト

« 鉱物コレクション|Top|エイリアン »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iwatteru.blog47.fc2.com/tb.php/87-336f5a6f

dating

Thank you for what you might have. This is the top post I’ve study

クロムハーツ

I も 私の仲間は、 |来|結局|たまたま| であるように思われている既になってであることが判明した バーゲン素敵アイデア 上 あなたのウェブブログ しばらく 意外と I いた恐ろしい 気持ち 私はしませんでした感謝ウェブサイトの所有者 {彼らのために|それらの秘密|それらの戦略|それらの私はに敬意を表明することはありませんテクニック|それらのヒント} 。 店頭 {男の子|みんな|女性...

Top

HOME

Author:てるてる
沢田 輝
(@Hikaru_Sawada @IWKRterter)
planetscope blog
(館長のブログ)

東京大学広域科学専攻D2(駒場キャンパス)
博士課程より、東京工業大学地球惑星科学専攻から移籍しました。
地球惑星科学のなかでも、大陸地殻の成長と進化などといったテーマの地質学・地球化学あたりの研究をしてます。

中学から鉱物コレクションをはじめて早くも15年くらい、鉱物学から地球科学全体へ興味が広がっていって今こうなってしまったという感じの院生です。
石の話や、大学の話、学問とか関係ない雑記も適当に書いていきます。

☆目的の記事が見つからない場合は、この下の方にある検索フォームをご利用ください。

☆FC2のブログランキングに参加しています
よかったと思っていただけたら、こちらのロゴをクリックお願いします!↓



☆planetscope TOP PAGE 
http://planet-scope.info


☆planetscopeの内容に関するご指摘等ございましたら、なるべく関連する記事のコメント欄にてお願いします。

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

この人とブロともになる

QRコード